パース観光の穴場と移動手段を教えます

2019-03-14

メイ ドライブ パークランド キングスパーク パース May Drive Parkland Kings Park Perth

パース観光の穴場と、その目的地へ自力で行く電車やバスなどの移動手段や方法を書きました。

パース空港から市内(シティー, CBD)に自力で行く方法

オーストラリア西部にあるパース空港ターミナル T1やT2に到着してから、自分でパース市内まで行く方法について書きます。

パース空港からシティーに行く方法は、送迎バスやタクシーがあります。

今のところ電車だけでパース市内に行けません。
(計画されています)

パース空港から市内に行くには、パースの公共バスを利用するのが一番安く手軽です。

パース空港 T1, T2ターミナルの建物から外に出るとバス停やタクシー乗り場があります。

バス停が並んでいる中から、「380」の表示を探してください。

※ 2019年時点で空港の工事をしているため、バス停の場所が見つけにくい可能性があります

380番のバスは基本的に30分おきに出発します。

パース空港から市内行き 380番 バスの時刻表とルートマップ Transperth

380番のバスは、パース空港からCBDのエリザベスキー行きの直行便ではありません。

途中いくつかバス停に停車します。

ホテルや民泊に一番近いバス停で下車できます。

バスは前から乗車して、途中で降りる場合は行き先を運転手に告げてください。料金を教えてくれます。

終点のエリザベスキーまで乗るなら、4.80ドルぶんの現金を人数分出せばokです。

一見して普通のバスのようですが、車内にはスーツケース置き場があり、空港バス仕様です。

パース バス スーツケース 380

パースのCBD内はバスが無料で乗れる

オーストラリアのメルボルンもそうですが、パースはシティー(CBD)の中ではバスが無料で乗れます。

長期滞在では交通費は地味に費用がかかる経費なので有難いですね。

Perth Free Transit Zone Map
https://www.transperth.wa.gov.au/Portals/0/Asset/Documents/Tickets%20&%20Fares/Free%20Transit%20Zone%20Map.pdf

パースCATバス リアルタイムマップ
https://www.transperth.wa.gov.au/Timetables/Live-Perth-CAT-Times

パースの交通カード「スマートライダー」(SmartRider)で電車やバス, フェリーに乗れます

無料ゾーンの外、たとえばパースからフリーマントルに行くなら交通カード「SmartRider」が便利です。

パースの電車バスのインフォメーションセンターは、エリザベスキーのバスターミナルのほかに、パース駅、パース駅横にあるパースバスポート、パース地下鉄駅にあります。

交通カードのチャージ(トップアップ)は、駅にある自動機(券売機ではない)やインフォメーションセンターで出来ます。

ちなみに先ほどの「パース空港 – エリザベスキー」は現金で4.80ドルでしたが、スマートライダーだと10%割引になって4.32ドルで乗れるんです。

ただしカード発行手数料が大人通常で10ドルかかります。滞在日数や利用頻度と相談してスマートライダーを入手するかどうかを検討してください。

セントラルパークより広いキングスパークで自然を満喫しよう

パース中心部から西のほうに広がるのはキングスパーク アンド ボタニカルガーデンです。

自然を満喫できるし、小高くなっているのでパースの写真をとるのにぴったりです。

キングスパーク アンド ボタニカルガーデンは、夜間も入場可能で24時間毎日無料で入れます。

Wadjuk 駐車場奥にインフォメーションセンターとショップ、カフェ、パースの夜景を楽しめる高級レストランがあります。

10時、12時、14時から無料ガイドツアーがあります。

キングスパーク アンド ボタニカルガーデンに行く方法は、無料バスで行けます。

Green CATやRed CATバスで公園そばまで行けます。

ほかに、935番バスが公園内まで行ってくれます。

935番は、DNAタワーやガラス橋に行くときに便利です。

935番のバスは、キングスパーク – パースCBD間を無料で乗車できます。

https://www.transperth.wa.gov.au/Timetables/Details/Bus/935

ジモティ気分を味わいたいならキングスパークの南西部へ。そこはジモティ憩いの公園になっています。

パース スワンリバーの青いボートハウス Blue Boat House Swan RIver Perth

青いボートハウス(Blue Boat House)は、ぽつんとスワンリバーに存在するボートハウスです。

Blue Boat Houseは、キングスパークから近くにあるためキングスパークに行ったついでに歩いていけそうですが、炎天下の中を青いボートハウスまで歩くのはオススメしません。

Blue Boat Houseのすぐそばに950番のバスが停まります。

950番のバスは、パース セントラルやエリザベスキーから乗車できます。

ただし、青いボートハウスは無料エリア外なので、バスは有料になります。

パースのファーマーズマーケットに行く

パースで観光客向けじゃないファーマーズマーケットに行ってみよう。

無料のYellow CATバスで東パース方面行きに乗って、終点「Claisebrook Station」で降りたら目の前。

毎週土曜日午前中に開催していて、11:30には終了しちゃうので新鮮な野菜や果物をゲットしたければ早めに行くしかないですね。

スワンリバー対岸のサウスパースを楽しもう

サウスパースは、動物園以外にも楽しみがあります。


Jettyは現金支払いで片道2.20ドルです。

パース動物園に行く途中の通りやお店、カフェがおしゃれです。

Jetty桟橋にあるMister Walker Restaurantや通りのAtomic Espressoでカフェしたり、スーパーマーケット the good grocerで買い物してみるのもいいですね。