メンズ脱毛が不要不急の外出自粛で滞っているときの対処

業務用メンズ脱毛機

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため不要不急の外出を自粛するように呼びかけられています。

メンズエステで脱毛することが不要不急かと問われたら残念ながら不要不急でしょう。

メンズ脱毛で大切なことのひとつは脱毛サイクルを守って定期的に脱毛することです。

脱毛サイクルを守るためにどうすればいいか。

それは自宅でセルフ脱毛して当座の対処にするしかないんじゃないかとわたしは思います。

メンズの濃い毛にはセルフ脱毛は一時しのぎでしかない

業務用メンズ脱毛機

セルフ脱毛で男性の濃いヒゲの毛やVIOの毛を永久脱毛できるかどうかというと一時しのぎでしかありません。

ひと夏の効果で良いなら自宅で脱毛器を使って行なうセルフ脱毛で対処可能です。

濃い毛を薄くする、あるいは永久脱毛するには家庭で使える脱毛器では無理な話です。

上の写真を見てください。

業務用のメンズ脱毛器です。

こんな大きな機械の業務用脱毛器と家庭用脱毛器に同じ能力があるわけないじゃないですか。

もし家庭で自分でできる脱毛で用が済むなら医療脱毛なんていうクリニックで行なう医療脱毛要りませんよね。

医療脱毛では、麻酔を使わないと痛くて我慢できないくらいの出力がある業務用脱毛機を使います。

残念ながら家庭用の脱毛器でそんなハイパワーは出ませんし、火傷するような商品は販売することを許されません。

メンズの濃い毛を自宅で永久脱毛できるなんていうのは妄想です。

メンズのすね毛や体毛ならセルフ脱毛で薄くできる

男性の濃いヒゲやVIOの脱毛を家庭用のセルフ脱毛器で永久脱毛するのは無理です。

でも体毛ならなんとかなります。

ヒゲやVIOは男性ならだれも皆濃い毛が生えている部位です。

一方のすね毛や体毛は人によって濃い毛が生えている人もいれば、まったく生えていない人もいます。

まったく毛が生えていない人もいる部位はどんな部位でしょう?

そこは脱毛しても脱毛しても何度でも根性でまた毛が生えてくる部位ではないということです。

そんな部位はセルフ脱毛器に向いている部位だと言えそうです。

メンズエステですね毛の脱毛をするとけっこう費用がかかる

メンズ脱毛ですね毛の脱毛を行なうとするとけっこう必要がかかります。

両脚脱毛の平均的な料金は、月額で1万円程度(1回)です。

なにせ足は脱毛を施術する面積がとても広いですから。

面積が大きければ施術に時間もかかり費用も高くなります。

足は人にとって毛の生え具合が違う部位です。

VIO脱毛はメンズ脱毛のお世話になるべき部位ですが、すね毛ならまず自宅脱毛で試してみる価値ありです。

家庭用の脱毛器なら有名メーカー品で価格は4万円~6万円くらいします。

10回使うとして1回あたり4000円~6000円ですね。

実際には脱毛器が壊れないかぎりもっと何回でも継続して好きなだけ使えるので1回あたり料金はどんどん安くなります。

新型コロナのせいでメンズ脱毛に行けない今こそ定期的なセルフ脱毛をするべき理由

新型コロナウイルス感染拡大防止のため不要不急の外出を自粛するよう呼びかけられています。

脱毛は毛周期に合わせて定期的行なってこそ効果があります。

せっかく定期的にメンズ脱毛に通っていたサイクルが崩れてしまうことは絶望でしかありません。

でも、自宅で行なうセルフ脱毛ならそんな心配も無用です。

外出自粛の間は家庭で脱毛器を使って行なう脱毛でサイクルを守れます。

男性の毛の濃い部位なら2週間~1カ月に一回のペースで脱毛を継続すれば毛周期に対応できます。

それ以外の部位は1か月から2カ月に1回の間隔でセルフ脱毛すればOKです。

わたしはヒゲとVIOはメンズ脱毛サロンで、両脚の脱毛を自宅で脱毛器を使ってセルフ脱毛しています。

予約も不要ですし、通う必要もなく、人にも見られないので自宅で脱毛するのは楽ちんです。

いっぽうで脱毛器は正しく使用しないと火傷したりする危険性もありますし、気に要らなかったら諦められるほどには値段も安くありません。

もし購入するなら、有名メーカー品の脱毛器をオススメします。

脱毛器の有名メーカーといえば、ブラウンかパナソニックの二択です。

わたしはブラウン製品を使っています。

 

↓Amazonで詳しくみてみる


ブラウン 光美容器 シルクエキスパート PL-5117

 


パナソニック 光美容器 光エステ ボディ&フェイス用 ハイパワータイプ シルバー調 ES-WP81-S