Sarlisi冷感脱毛器の口コミ | 体験談 評価 感想 比較 | 家庭用脱毛器で脱毛

2021-06-08

sarlisi冷感脱毛器ai-06は効果なし? 口コミ 評価 感想 ブログ

Sarlisi冷感脱毛器 AI-06(SLS-AI06)の口コミ、体験談です。

従来のSarlisi AI-01(SLS-AI01)と比較して、このバージョンアップした上位機種とどう違うのか、メリット、デメリットを解説します。

Sarlisi(サーリシ)冷感脱毛器 AI-06(SLS-AI06)とは

Sarlisi冷感脱毛器 AI-06(SLS-AI06)は、冷却機能付きの家庭用脱毛器です。

従来品のAI-01(SLS-AI01)からバージョンアップした最新の脱毛器です。

2機種の大きな違いは、冷却機能が付いているか、付いていないかの差です。

AI-01は値段が安いから冷却機能が付いてなくても仕方がないというあきらめがありましたが、上位機種のAI-06はしっかり冷却機能が付きました!!

冷却機能自体は、サファイアクリスタルガラスで冷却する最新式です。

サファイヤガラスとサファイアクリススタルは同じ物を指してます。高級腕時計の風防に採用される高級素材でダイヤモンドの次に硬く、光の透過率も高いのです。

それが持つ特性の1つが熱を効率的に伝えるという特性です。その特性を活かして照射口の周囲でなく脱毛器の照射ガラス部分を直接冷やすようにしたのが最近の冷却機能です。

 

Sarlisi冷感脱毛器AI-06は普及価格帯の脱毛器でありながら、搭載の冷却機能が業務用脱毛器にも採用されている最新方式なんです。

 

Sarlisi冷感脱毛器 AI-06(SLS-AI06)は効果なし?

Sarlisi冷感脱毛器ai06の冷却機能がスゴイ件Sarlisi冷感脱毛器 AI-06(SLS-AI06)がその価格に見合うだけの効果がないのかどうかを判定します。

安いほうの脱毛器 Sarlisi Ai-01は値段が7000円~13000円くらいで買えます。

いっぽう、バージョンアップした最新式のSarlisi AI-06は1万5000円~3万円します。

どちらもブラウンやパナソニックの脱毛器と比較したら、十分に安い価格です。

でも、従来品からすれば、AI-06は倍の金額です。

それに見合うだけの価値や効果がはたしてあるんでしょうか?


Sarlisi冷感脱毛器 AI-06(SLS-AI06)とSarlisi AI-01(SLS-AI01)を比較

Sarlisi冷感脱毛器 AI-06(SLS-AI06)とSarlisi AI-01(SLS-AI01)をスペックや機能で比較します。

クリックで拡大↓

Sarlisi冷感脱毛器 AI-06(SLS-AI06)とSarlisi AI-01(SLS-AI01)を比較Sarlisi AI-06とAI-01の比較表を見比べてみると、ほとんどの面で同等なことがわかります。

脱毛モード、スキンケアモード、ニキビ肌改善モードの3モードを搭載していることは同じですし、照射レベルが9段階なこと、最大パワーが20ジュールなことなどが同じです。

若干異なるのが光の波長ですが、太陽の可視光線ぶぶんをほとんど含んでいることに両者とも違いがありません。誤差くらいの差です。

大きな違いは、AI-01になかった冷却機能をSarlisi AI-06が搭載していることです。

そのぶん、筐体は少し大きく、重さも80g増えています。

Sarlisi冷感脱毛器ai-06とai-01の筐体を比較

あと、AI-06が冷却機能を追加で搭載したぶん、ファンの音がAI-01より少し大きくなっています。

Sarlisi冷感脱毛器 AI-06(SLS-AI06)の冷却機能がすごかった!!

効果なしなんていってすいません!!

Sarlisi(サーリシ)冷感脱毛器 AI-06の冷却機能の効果はすごかったです!!

Sarlisiの脱毛機能自体は、Sarlisi AI-01でお墨付きです。

以前に手と腕の脱毛比較チャレンジを行なった通り、オーパスビューティー03にも引けを取らないどころか、照射パワーの面で上を行きました。

AI-06はそれと同等の照射パワーですから、脱毛機能は疑う必要がありません。

Sarlisi冷感脱毛器がサファイアクリスタル照射口が冷却される

驚いたのが冷却機能です。

Sarlisi AI-06の電源を入れると、標準状態で冷却機能がオンで始まるのですが、しばらくするとサファイアクリスタルの照射口が曇りはじめました。

そうです!!

結露しはじめたんです!!

これは、冷蔵庫からペットボトルを出してきたときにペットボトルに水滴が付くみたいな感じです。

照射口をさわってみると、冷たい!!

脱毛器のガラス面が冷たいってびっくりです。

脱毛器の照射口まわりが冷たいっていうのはわかるんです。オーパスビューティー03もその方式でした。

Sarlisi冷感脱毛器も照射口の周りが冷たくなります。

それ以上に

Sarlisi AI-06は肌と密着するガラス面自体が冷える

んです。

なんと4度まで冷えるそうです。

まさに業務用脱毛器の照射口自体が冷却される機構と同じです。

1万2万で買える価格帯の脱毛器が、100万円するような高い業務マシンレベルの冷却機能を搭載してきたんですから、驚きしかありません。

Sarlisi冷感脱毛器AI-06はより高いパワーで照射できる!!

Sarlisi AI-06のサファイアクリスタルで出来た照射口じたいが冷えているということは、脱毛の痛みを感じにくいということです。

脱毛は肌を冷却しながら処理していくのが常識なんですが、従来品のAI-01は冷却機能を搭載していません。

このため、肌を冷やしたかったら、照射する前と照射後に保冷剤で冷やす必要があったんです。

それに対して、Sarlisi冷感脱毛器AI-06なら、冷却機能を搭載していて、サファイアクリスタル照射口は照射直前まで冷却されています。

照射直後からまたすぐ冷却されます。

保冷剤不要で肌が冷却されるんです。

これは肌のために良いですし、別途に冷やさなくていいので手間も減ります。

さらに直前まで照射する肌面が冷やされるおかげで、従来品よりも高いパワーで照射しても痛みを感じにくいんです。

より高いパワーで照射できると何かいいことがあるのかいうと、より短期間に脱毛の効果が出やすくなるということです。

さてここでAI-06が従来品AI-01よりどれくらい高いパワーで打てるのか比較です。

まず、脇の脱毛です。

脇の脱毛は、従来品でも最高の9レベルで照射できています。それだとたまにチクっと感じるくらいです。

ではSarlisi冷感脱毛器の9レベルではどうかというとまったく痛みがわかりません。チクっとさえしません。

次に色素沈着部位の代表選手、VIOで試します。

VIOは脱毛したい部位 第2位なのに、脱毛で痛みを感じやすい部位 第1位という難しい部位です。

色素沈着していると照射時に痛みを感じやすいんですね。

従来品AI01の場合、V部位は7でチクっと感じます。IとOは5で「ヒーっ」て感じで耐えるレベルでとてもバシバシ連続でやれません。

Sarlisi冷感脱毛器AI06だと、V部位はパワーレベル9でチクっとするくらい、なんとIOはレベル7で照射できました。ヒーっまで行きません。耐えられるレベルです。これならがんばれば8もイケそうな気がします!

従来品よりも2レベル高い照射パワーで打てるってすごいです!!

冷感脱毛器ってすごいです。

脱毛器の冷却機能にお金を払う価値は大ありです!!

 

オンラインショップで詳しく見てみる↓

created by Rinker
Sarlisi
¥26,888 (2021/06/24 20:25:16時点 Amazon調べ-詳細)