男性も脱毛する時代になってます

2019-12-12

電気脱毛体験 男性も脱毛する時代

電車のなかにある広告で一番多いのは雑誌か脱毛の広告なんじゃないかと思うんです。

広告に書いてある脱毛体験の価格ってすごい安いですよね。

そんな低価格で脱毛を体験できるなら!って思ってもらえたら広告主の脱毛サロンは大成功なわけです。

本来の施術価格との差額は来店してもらうための広告費みたいなものです。

女性も男性も毛の濃さで悩むのは同じ

電車で見かける脱毛の広告はほとんどが女性向けですが、男性向けの脱毛サロンも実はたくさんあります。

男性向けファッション雑誌などには脱毛の広告がよく掲載されています。

毛の濃さって話なら、圧倒的に男性の毛のほうが濃いですよね!


ヒゲはもちろん、脚や胸毛、わき、腕、指、そしてVIOと脱毛したい箇所はそう女性と変わりません。

気候変動で夏がとても猛暑になってきています。

そんなとき、ムダ毛は蒸れと不潔の元ですよね。

ヒゲをカッコいいと言ってくれる人がいますが一方で胸毛無理!って人も多いんです。

男性専用の脱毛サロンがある

女性に比べて男性は脱毛に行く!ってなると恥ずかしい気持ちがある人も多いと思うんです。

男性の場合は脱毛サロンに行くこと自体を後ろめたいことのように感じる人もいます。

また男女がいっしょの脱毛サロンだと、待合室で男性も女性も気まずい感じになりますよね。

だから、男性専用の脱毛クリニックや脱毛サロンがあります。


女性に施術されるのは恥ずかしいって人もいます。

VIO脱毛なら当然の反応ですね。

なにせ、下半身を露出しちゃわないと脱毛できない部位です。

見られるのも恥ずかしいし、もし反応しちゃったら!って思うわけです。

そんな声に応えて、VIO脱毛は男性スタッフが担当するサロンが多くなっています。

営業職など人前に出るビジネスマンは脱毛することが当たり前

セールスとか人の第一印象は最初の3秒で決まるとか言うじゃないですか。

初めて会う人が無精ひげとか青ひげだったり、指に剛毛が生えてたり、胸元から毛がこんにちは!したら、どう思いますか?

面会の心得は、相手に不快な思いをさせないってことがまず第一に大切なことですよね。

中にはヒゲとか毛は気にならないよ。清潔ならいいじゃないって人もいると思います。

でもビジネスではそんな人だけを相手にするわけではありません。


すべての人に不快な印象を与えないことが求められるわけですから、頭髪や顔、そのほか露出している肌の部位の処理はとても大切です。

欧米では体毛を脱毛していることが当たり前で脱毛してないことに驚かれる場合があります。

たとえば、サッカーでヨーロッパに移籍した選手は全員があたりまえに体毛を剃っているから自分も剃るようになったって言っています。

体操選手同士のなかでも世界大会に出場してきたアジアの男性選手のわきを見て「剃らないんだ!」って驚く人が多いみたいです。

脱毛が身だしなみになった現代、ビジネスマンが多いビジネス街や繁華街には男性専門の脱毛サロンが複数店舗ある状態になっています。

複数店が同じ駅前で営業できているということは?

それは、あなたが知らないだけで脱毛サロンを営業し続けられるだけの来店数があるということです。

口に出さないだけでみんな男性向け脱毛サロンを利用しているんですね!

毛を剃るか脱毛するか

ムダ毛処理をどうしたらいいかという悩みは、剃るか脱毛するかですね。

毎日のひげ剃りとか1週間に一回に体毛を剃ることが苦にならない、チクチクしない、肌荒れしないっていう人ならシェービングでもいいと思うんです。

でも、口ひげなんて毎日朝に剃っているうちにだんだんと濃くなってしまいますよね。

朝にヒゲを剃ったのに夕方にはもう青ひげ状態って人も多いと思います。


欧米人の場合は細くて金髪とかブラウンの毛色なので黒色ほどには生え始めのヒゲは目立ちません。

黒色の太い毛質のアジア人の毛は必要以上に目立つんです。

VIOとかの部位は剃ったあとチクチクしたり痒みを感じることもあります。

また生え始めの状態で性行為をすると不快だったり傷つけたりする恐れもあります。

毛がある必要性を感じない部位は剃るよりも脱毛したいところです。

表面に見えている毛は実際の約15%だけ

脱毛は一度したらもう生えてこないなんてものではありません。

毛は周期的に生まれて抜けていく仕組みになっています。

実際に皮膚表面に露出している毛は実際の総量の約15%程度でしかないんです。

残りの85%の部分は毛がまだ皮膚下に潜伏していたり、抜けたあとの休止状態なわけです。

ダメージを与えて脱毛を期待できるのはいま成長期にある毛だけです。


毛周期の仕組みを正しく理解せずに1回や2回の脱毛を行なっただけですぐまた生えてきた!ってクレームする人がいます。

エステやサロンでは丁寧な説明をして複数回の施術が必要な理由を教えてくれます。

15%ということで、100を15で割ると約7になります。

すなわち間をあけて7回程度の脱毛を施術しないとすべての毛周期の毛に対して脱毛をしたことにならないわけです。

脱毛部位にもよりますが、薄くなった!と実感できるまでで2から3回の脱毛が必要です。

しっかり脱毛したいなら最低でも6回か7回の回数が必要だということです。

クリニックやサロンが儲けたくて何回も来させてわけでないんです。

毛周期に理由があったんです。


こうなったら散髪と同じです。

定期的に脱毛サロンに通う習慣をつけてしまえ!

男性向け化粧品のラインナップが女性と大差ないくらいになってきてる時代ですから。

あのローランド様は痛くない蓄熱式脱毛 SHR脱毛しているそうです。

ローランドビューティーラウンジの新宿本店は予約が取りにくいくらいに大人気で、ほかに東京の池袋、大阪や名古屋にも店舗があるそうです。痛くない脱毛でつるすべ肌をめざすなら今すぐ相談へゴー!ですね。

↓ ローランドビューティーラウンジを見てみる
ローランドビューティーラウンジ

※ 脱毛の効果や痛みの感じ方には個人差がありますことをご了承ください